ふらっと〜日々な暮らし〜はてな?

愛猫と私の日常、日常生活でのあれこれ

正月の「初詣」いつまでに⁈初詣は英語にすると⁈

 

初詣の起源や由来を知っておこう! 

これで、行く時期もわかる⁈ 

f:id:naonao22772:20191207104428j:image

 

新年に神社や寺院に参拝する行事を「初詣」と呼びますが、この初詣は多くの日本人にとって当たり前の風習となっています。今回は、 初詣の意味や由来などについて解説していきます。

 

< 初詣の意味 >


初詣の言葉の定義としましては、 
「年が明けてから初めての神社や寺院へのお詣り」を指します。
【詣】という漢字は「社寺をお参りする、参拝する」という意味があるので
初詣はそのままの意味になりますね。 


では、初詣にはどのような目的で行くのか?


初詣に行くと、神様に感謝を伝えたり、願い事をしたり、又、絵馬に願いを
書いたり、御守りを買ったり、おみくじを引いたりします。


「初詣」は、旧年の感謝を伝えるとともに、
新年が良い年になるように願掛けを社寺の神様に行うための行事です。 お正月には正月飾りを飾ったり、お雑煮を食べたりしますが、これらの正月行事も初詣と同じように神様への感謝を捧げて新年の願掛けをするためのものです。


家で行う正月行事と「初詣」は何が違うのか?
家で行うなら「初詣」に行く必要があるのか?


このように感じる人も多くいらっしゃるかもしれません。


実は正月飾りに宿るとされる神様は【歳神様】であるのに対して、
社寺の神様は【氏神様】なので、両者は異なる神様であり、それぞれ
違った意味合いがあるとされています。

 


● 歳神様 →  正月に各家に毎年やって来る神様。
先祖の霊とみなされることもある。


 
氏神様 → 同じ地域に住む人々によって共同で祀られる神様。

 


< 初詣の歴史や由来 >


現在の初詣の形式は地方により多少の違いがありますが、殆どが
「正月に神社や寺院に参拝する」というものです。
これが日本の文化として定着していますが、この形になるまでは色んな
歴史があります。
まとめてみると、


① 年篭り
② 除夜詣と元日詣
③ 元日詣だけが残り、現在の初詣となる。 
 


1 歳篭り


初詣の由来と言われているのは「歳篭り」という行事です。
歳篭りとは、
「村や家の長がその地域の氏神様が祀られている社寺に大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに篭ること」を指します。
一睡もせずに一晩中祈り続けるのが決まりですが、
「うっかり寝てしまうと白髪やシワが増える」という言い伝えもありました。
現在の日本には歳篭りの風習は残っていませんが、中国の旧正月(春節)には、前日の大晦日から眠らずに過ごす『守歳』という風習があります。

 


2 除夜詣と元日詣


年篭りは、大晦日の夜と元旦の朝に社寺を参拝する行事の2つに分かれるようになり、それぞれを『除夜詣』、『元日詣』と言います。


この元日詣が、後の初詣になるのですが、参拝する社寺に関して
決まりがあったというのが大きな違いです。
元日詣は、住んでいる地域の氏神様が祀られている社寺、
または、家から見てその年の恵方の方角にある社寺に参拝するのが決まりでした。
特に後者については『恵方詣り』と言います。
また、地域によって現在も除夜と元旦の二回社寺を参拝する風習もありますが、これを『二年参り』と呼んでいます。

 


3 現在の初詣


 『除夜詣』と『元日詣』が行われていたのが、元日詣だけ風習とし
 て残り、さらに恵方に限らず「有名な社寺に自由に参拝する」と
 いうのが一般的となりました。
 『初詣』という言葉が使われるようになったのは大正時代ですが、
 恵方詣りの風習が薄れてきたのは大正時代末期です。


※  ちなみにですが、私は恵方詣りにも行っています。
その年の恵方の方角にある神社を地図で探して、あれば参拝に行きます。
恵方の方角に神社がない場合には、相性の良い好きな神社へ参拝に
行っております。

 


風習の変化は「鉄道などによる交通の便が改善したこと」
そして、「各鉄道会社の宣伝合戦によるもの」が挙げられます。


交通の便が良くなったことで、近くの恵方の社寺だけでなく、
恵方にある有名な社寺に容易に参拝できるようになりました。
しかし、毎年正月になると、鉄道各社がそれぞれの沿線の神社仏閣を
恵方である、と宣伝したため、やがて恵方詣りの本来の意味が埋没して
しまい、人々は自由に社寺を参拝するようになりました。

 

以上、初詣の意味や由来について解説していきました。


当たり前のように行われている伝統的な初詣という文化も、
調べてみると実は歴史は浅く、時代と共に変化したものだったのですね。
初詣に限らず、色んな日本の風習について、詳細を知らずに行なっている
方も(特に若者世代)いらっしゃるかもしれませんね。

 


交通事情や商業事情が文化に大きく影響を与えてきたというのは、
初詣に限らず、何とも興味深く面白いですね。

 

f:id:naonao22772:20191207104239j:image

 

初詣を英語で説明すると…

簡単なものをいくつか紹介⁈
 
まずシンプルに、
神社は英語で、shrine、複数の場合はShrines です。
寺は英語で、Temple 、複数の場合は、Templesです。


では、シンプルに「初詣」を英語にすると、
「first shrine visit of New Year」  とか、
「New Year's visit to a  shrine」    でしょう。

 


初詣を「新年のお参り」と説明するならば、
「The first shrine visit of the (new) year」でいいかと思います。
お参り、お参拝は、英語で「visit a shrine」です。


また、神道の神社は英語で「shrine」と呼び、仏教のお寺は「temple」と呼びます。
「新年に初詣に行く」という行事は、アメリカの文化にはないものです。
ですから日本語の名前をそのまま使ってもいいかと思います。
日本語の名前で呼ぶと、相手の外国人はかっこいいと思ってくれるかもしれません。


でも「初詣」については、後で説明してあげた方がよいでしょう。

 

f:id:naonao22772:20191207104303j:image

 

簡単な会話を載せてみますね。


A: What did you do today?
   あなたは今日何をしましたか?
B: I did Hatsumoude today!
 私は今日初詣をしました。
A: What's that?
 それは何?
B: It's when you visit a shrine on new years
 それは、新年にあなたが神社を訪問する時です。
A: Oh, cool!
 おぉっ!カッコいいね!


と、わざわざ初詣を英語にしなくても、そのまま「Hatsumoude」としてもかまいません。
あとで初詣について説明してあげればよいのです。
ですが、基本は、
「first shrine visit of New Year」  とか、
「New Year's visit to a  shrine」など、
この2つのフレーズを使うようにしましょう。


外国人の方々が「初詣って何?」と疑問を持ったとき、
英語で何かを説明するのは難しいですよね。
そんな時はシンプルに整理して伝えてみましょう。

 


初詣などを例文を使って言えるように! 
外国人多くなったしね! 

 


そんなお正月ならではの会話も英語で話せるように、すぐに活用できるフレーズを紹介します。

 


・Happy New Year, ○○(相手の名前)!
Did you go somewhere on New Year’s Eve?


(あけましておめでとう○○!
晦日はどこかへ出かけたの?)


→I went to shrine to make wishes
for the coming year.


(新年のお願いをするために
神社に初詣に行ってきました。)


・Did you go to the first shrine visit of the year?
(初詣には行きましたか?)


→I visited a shrine on New Year’s day.
(私は元旦に初詣しました。)


少しではありますが、簡単な会話を載せてみましたので、外国人のお友達がいらっしゃる方は是非、活用してみてください。


最後に、暖かくしてお気をつけて初詣に行ってらっしゃいませ。